<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3月30日金曜日 みその日

   味噌の日

a0122847_10192910.jpg


a0122847_10194294.jpg




毎月30日は、「みそか=三十」の語呂合わせで、

『みその日』という記念日です。

日本には、古代から草醤(くさびしお)

穀醤(こくびしお)

宍醤(ししびしお)

「醤(ひしお)」と呼ばれる調味料がありました。

大陸との交易が盛んな奈良時代には、

中国の技法が取り入れられるようになり、

昔からある醤に改良が加えられ、

いろんなパターンの醤が造られるようになります。

中国から伝わった技法で改良された醤を「唐醤(からびしお)」。

朝鮮から伝わった技法で改良された醤を

「高麗醤(こまびしお)」と呼んでいたそうです。

平安時代の都の市には、

東の市には唐風の醤を売る「醤屋(醤油屋)」があり、

西の市には高麗風の醤を売る「未醤屋(味噌屋)」が

あった事が記録されています。

このころは味噌とも醤油ともつかない時代がしばらく続きました。

そして鎌倉時代の建長年間(1294年~55年)に、

宋(中国)に渡った僧侶によって新たな技法が伝えられ、

お味噌は変化をします。

信州(長野県)の僧侶「覚心」は、

宋の径山寺(きんざんじ)というお寺で、

そのお寺独特のお味噌に出会います。

お味噌の技法をマスターして帰国・・・その後、

紀州の興国寺で、その造り方を後輩僧侶に教えます。

それが、『金山寺味噌』だと言われています。

室町時代は自給自足の意味もあって、

お寺の中でお味噌造りが盛んに行われておりました。

やがて、もっともっと盛んになったお味噌造りは、

お寺から売り出されるようになり、寺院の収入源の一つとなっていきます。

そして、僧侶から公家へ、

公家から武士へと広まっていき、

合戦時の非常食としても重宝されるようになるのですが

一般庶民の口に入るようになるのは、やはり江戸時代頃からです

第二次世界大戦以前の日本では、お味噌は、

買う物ではなく自宅で造る物。

それぞれの家庭の味を自慢する物でもありました。

ちょっとした自慢話をする時に「手前みそですが・・・」

というんですね。

この時の「手前」というのは、

「自分の」あるいは「ウチの」という意味です。

   ~~~********~~~
先日、地元新聞新潟日報さんに

いつも松屋が使っている醤油屋さんマルカク醤油の

すいかの味噌漬けが紹介されていました。

上の写真が記事とそれです。

新聞に紹介されて、忙しさが3倍ほどになったそうです。

ところで、

味噌と言えば、

越後の人は「関興庵の味噌なめたか」

という言葉を思い出されるかたも多いと思います。

大河ドラマ「天地人」で、

「わしはこんなとこきとうはなかった」の

名ゼリフで子役として、一世風靡をした

加藤清四郎君、覚えていますか?

その舞台となったのが雲洞庵。

関興庵と雲洞庵はどんなところ?ホームページをご覧ください

http://www2.ocn.ne.jp/~kankouji/

http://www.untouan.com/article/13332116.html

http://www.untouan.com/

これから雪もなくなり、

春の山草が美しく咲く季節になります。

どうぞ、また越後の旅へとお出かけ下さいませ。
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-30 10:38

3月26日 月曜日

a0122847_2349932.jpg


皆様、お晩でございます。

写真のらんは、昨日までいわむろやで開催

されていた「洋蘭展」での最優秀賞のらんです。

a0122847_2353322.jpg


しばし美しい洋蘭をご覧くださいませ。
a0122847_0685.jpg
a0122847_061937.jpg
a0122847_063138.jpg
a0122847_064464.jpg
a0122847_06573.jpg


今日は、日本初の流行歌
「カチューシャの歌」の日です。

1914(大正3)年のこの日、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、

トルストイの『復活』の初演を行い

この中で歌われたのが「カチューシャの歌」です。


この歌は. 島村抱月/相馬御風作詞・

中山晋平作曲.

♪カチューシャ かわいや ♪で始まる歌です。

作詞をされた相馬御風(そうまぎょふう)は新潟県糸魚川市の出身です。.

童謡「春よ来い」 ♪は~るよ来い。は~やく来い…

の名曲の作詞者でもあります。

http://www.itoigawa-base.com/viewspot/culture_02_03.html
http://www.city.itoigawa.lg.jp/rekimin/index01.htm
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-26 23:59

3月23日 金曜日

3月23日  お彼岸の明け

皆様いかがおすごしでいらっしゃいますか?

おはようございます。

今日は卒業式がおこなわれる小学校も多いと思います。

昨日はおそらく岩室小学校の終業式があったのでしょうか

集団下校に遭遇しました

a0122847_10481153.jpg


田んぼの雪も殆どとけ、風も春のにおいがします。


今日3月23日は
▲世界気象デー(World Meteorological Day)

1960(昭和35)年に制定された国際デーの一つ。

1950(昭和25)年のこの日、世界気象機関条約が発効し、

WMOが発足。

WMOは、加盟諸国の気象観測通報の調整、

気象観測や気象資料の交換を行っている世界組織で、

日本は1953(昭和28)年に加盟しました。

ところで、この週末の新潟のお天気は、

曇り時々雨、月曜日は、雪の地域もあるそうです。

三寒四温のこの季節になると

メニューに入るのがそば蒸しです。

a0122847_10584160.jpg


そばに魚を巻いて、蒸した熱々のところに

とろろいもをかけて、葱、錦糸卵、

器にそばのだし汁をいれて、わさび、のりをかけて完成。
 
魚の旨味とそばと、とろろいもの喉越しのよさ、

わさびの香りが鼻につ~んときて抜群のおいしさです。

桜の形の人参が器の中でおよがぬよう慎重に、

「ニッポンのはる~~」と心でつぶやきながら、

お客様に、心をこめて、はいどうぞ053.gif
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-23 10:48

3月22日 放送記念日

皆様おはようございます。

6時過ぎの温泉街は静かで、

空はだんだん明るくなってきても、

まだ街路灯には、明かりがついていました。

a0122847_7192829.jpg


以前、この街路灯もブログで紹介しましたが、

あらためて4面の街路灯のかさを撮ってみました。

a0122847_7211389.jpg


新潟芸妓発祥の地ともいわれています。

岩室甚句の歌詞にも登場する

「だいろ」の方言「かたつむり」、
a0122847_7265494.jpg


そして傷を負った雁(かり)が湯に浸って

癒していたと伝えられ

霊験あらたかなお湯「霊雁の湯」と呼ばれるようになった由縁の雁

a0122847_7292344.jpg


3月22日、早朝の岩室のお天気は曇り空

   温泉は湯花がたまって効能が体の芯までしみそうです。
a0122847_713141.jpg


1925(大正14)年のこの日、

社団法人東京放送局(現在のNHK東京放送局)が

日本初のラジオ仮放送を始めた日で

日本放送協会(NHK)が1943(昭和18)年

放送記念日に制定しました。

東京・芝浦の東京高等工芸学校に仮スタジオを設け、

午前9時30分、京田武男アナウンサーの

「アー、アー、アー、聞こえますか。JOAK、JOAK、

こちらは東京放送であります。

こんにち只今より放送を開始致します」という第一声が放送されました。


中学、高校とワタクシ放送部にいたのですが、

一本のマイクを前に、やや緊張気味に発声していた頃を

思い出します。

今はマイクではなく、電話の受話器を持つと

やや緊張ぎみになぜか自然と声が

よそゆきになってしまう私です。
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-22 07:45

ミュージックの日

3月19日はミュージックの日

歌は世につれ  世は歌につれ

皆様の好きな歌、好きなアーティストは?

人の心を動かす歌を作る人ってすごいですよね。

昨日石巻中学でライブをした福山雅治さんの

♪生きてる生きてく♪・・・最近息子はこの歌を

口ずさんでいます。

http://www.youtube.com/watch?v=0m8iQsRS2mg&feature=related

私は昨日、日本一の大河  信濃川沿いを走ってきました。

岩室よりもまだ雪が多くて、

霧も濃く水墨画を見ているようでした。

a0122847_17163642.jpg


(手前が道路、雪に覆われている土手。そしてゆったりと流れている信濃川)

きのう一日中  雨057.gif のお天気でしたが

今日は時々、陽もさし春が近いことを感じさせてくれました。

今朝のしだれ梅のつぼみです。

a0122847_1720271.jpg



「梅一輪いちりんほどの暖かさ」

♪は~るよ来い♪は~やく来い♪
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-19 13:30

3月18日日曜日

おはようございます。

朝一番に温泉の調子を点検して、

今日は無色、湯花もすくなく

おとなしい温泉です。

時々怒ったような濁り湯になることもあります。

昨日、17日よりお彼岸の入り。

子どものころは、大きなおはぎを

母達と作った覚えがあります。

そんな事を思い出し、

おはぎをお茶と共にお出ししました。

a0122847_6394922.jpg


(角屋さんのあずきと黒ゴマのおはぎです)

「暑さ寒さも彼岸まで」

今朝の岩室は雨です。

いままでの朝より暖かく感じます。

だいたいこの頃、雪の少ない大平洋側は雪になることが多いですね。

今年はどんなでしょうか?

♪なごり雪♪の歌が思い出される季節です。
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-18 06:43

3月16日金曜日

おはようございます。

ようこそ松屋のブログへお越しくださいまして、ありがとうございます。

3月16日金曜日、岩室温泉の空は快晴です
a0122847_9515253.jpg


「ブログを更新しましょう・・となにげない優しい言葉でメールをいただき

ただ今、あとかたずけをしながら時々パソコンの前に座って投稿しています。

マメに写真は撮っているのです。

たとえば・・・昨日はそろそろ田んぼの白鳥の数も減ってきたなぁ

a0122847_9591576.jpg


と一羽寂しく餌をついばんでいる白鳥

a0122847_13344677.jpg


a0122847_958619.jpg


また群れと合流して、頑張ってシベリアまでたどりついてね

もう春はそこまで来ています。

2~3日前の松屋の裏の蕗のとうも

a0122847_1003159.jpg


きのう、しっかり収穫して

a0122847_101352.jpg


きれいに洗って天ぷらにし、桜塩をまぶして、

ギンダラの焼魚の付け合わせに

a0122847_1035137.jpg


南さおりさん♪春の予感~~♪を口ずさみながら春を感じて

夜の寒さもやわらいだ、先日

松屋から、歩いて30秒の古民家

小鍛冶屋さんで「旅がたり」を聞いてきました。

a0122847_10112553.jpg


a0122847_10114242.jpg


旅がたりは、松屋と大親戚の小松屋さんの若だんなさんです。

http://www.iwamuro-komatsuya.com/


時々、ジョークを交えて、、いや実際に体験した話が面白くて、

朝まで話を聞いていたい感じでした。

奥様は、

「心美人」と言う言葉がぴったりあうとっても素敵な方です。

1月に県知事さんとの観光セミナーの催しがあり、

小松屋さんとご一緒させていただき

その時、ふたりで写真を撮りっこをしました

私と小松屋さんです。

アップでどうぞ
a0122847_1039253.jpg
a0122847_10392182.jpg


髪をアップして  です。

また次回は、おいしいものの写真をアップしますね。

本日もありがとうございました。

皆様が幸せでありますように
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-16 10:30

春間近♪春の足音

春ですよ~~~
a0122847_9292566.jpg


ここは岩室より車で15分

角田山の麓、石釜でピザを焼いてくれる

ワイン蔵「フェルミエ」さんです。

a0122847_9331670.jpg
a0122847_9334098.jpg


ランチの一品

a0122847_934338.jpg


帰り際、奥様からワイン蔵をご案内していただきました。

a0122847_9351433.jpg
a0122847_9352679.jpg


入ったとたん~~*香り~が~ゥ~~ン酔いそうな
a0122847_935362.jpg


以前、長谷川屋酒店さんおススメワインを

家で飲んでみて美味しかったので

今回はロゼを購入

a0122847_939364.jpg


http://fermier.jp/

これから色んな春を感じられるかと思います

ではまた、いろんな春をお届けしますね(*^。^*)
[PR]
by matsuya12 | 2012-03-09 09:45