<   2009年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

うまさぎっしり

本日11月最後の日となりました。
a0122847_23471914.jpg

昨日、一昨日と うまさぎっしり博がおこなわれました。
新潟は本当においしいものが沢山揃っている土地だとおもいます。
写真の魚は、白身が柳カレイ、その下に見えるのは、のどグロです。
今日は、焼き魚の王様(のどぐろ)と女王様(柳カレイ)の共演、
豪華な顔ぶれのお皿となりました。
冬になると、ますます魚がおいしい季節となります。
冬は雪の降る季節、、、でも
この西蒲区はあまり積りません。新潟雪国と言うと
2~3メートルの積雪地帯を想像されるかもしれませんね。
明日は、いよいよ師走の月となります
今年もあと1ヵ月で行く年になります。

おいしいお酒
  おいしい魚
    のんびりあったか温泉で
  忘年会  い~ですよ
  (^。^)y-.。o○
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-30 23:47

親鸞上人越後七不思議の次・八珍柿

a0122847_2345420.jpg


11月28日 親鸞上人90歳で大往生された日です。
親鸞上人は越後にお流されになり、
そこで越後七不思議を残されました。
その七不思議の次に、不思議なほど
おいしいもの  ということで
  八珍柿が親しまれております。
   今は
越王(こしわ)おけさ柿 として
角田山麓に、柿団地があり
生産されております。

 朝食のデザートには、手造りシフォンケーキに
この柿やカスピ海ヨーグルトなどトッピングして、
お召し上がりいただいております。
 柿はシャーベット状ですので、
シフォンのやわらかさと、柿シャーベットの
冷たさが、食後にはサッパリとしていて うけているようです。

 柿はビタミンCがレモンより多く含まれています。
また女性にはうれしいポリフェノールも沢山ふくまれております。

柿が赤くなると医者いらず・・・なんて言葉がありますが、栄養価はバツグンです。

(*^_^*)
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-28 23:04

イトヨになった娘

 岩室温泉へとお越しの際の鉄道の玄関口
越後線岩室駅まで、約6Km
温泉街から駅まで、車でだいたい10分くらいになります。
駅近くに流れていて、必ず渡る川が「西川」です。
a0122847_957792.jpg

この川には、戦国の世の時代から、
  こんなお話が語り継がれております。

上杉謙信の死後、影勝と影虎は、どちらも養子でしたので、
家督をめぐり戦がおこりました。

岩室にある天神山城は影勝方、
岩室駅のあるあたりをおさめていた和納城は、
影虎の拠点でした。

和納城は、西川の流れを利用して堀を巡らした平城です。

影勝方は、和納城を取り囲み
水源を絶つなどの持久戦にもっていきましたが、
和納城も守りが堅くなかなか落ちません。

それどころか、城内では、毎晩風呂を沸かすなどして、
水に困った様子などないのです。

そんな折、天神山城の武将が西川の近くで娘さんに会いました。

その娘は、透き通るような魚を籠に入れて持っていました。

武将がその魚は何という魚か問うたところ
イトヨ(糸魚)というさかなということを知り、
そして、きれいな水にしかいない  という
ことを聞きました。

武将は、どこかに清水のわく泉があり、和納城はそれで潤っていると考え
娘に魚を捕った場所へ案内するように言いましたが
なかなか答えてくれませんでした。

娘の父が病気であることを知り、娘に金を与えました。
娘はようやくその泉に案内してくれました。

やはり武将の思った通り。
和納城は、その泉から水を引いてきていました
天神山城の武将はさっそく水断ちの策を行いました。
すると、和納城の兵達は、士気を失ってしまったのです。

それ以来、娘には、水を求め苦しむ城兵の叫び声が聞こえてくるのでした
その声に毎日毎日悩まされ、
娘はとうとう泉の池に身を投じて
  亡くなり、  イ ト ヨ になりました。
a0122847_7134485.jpg


そんな伝説のある、和納地区に流れている「西川」
です
岩室駅へお迎えの際、この橋を渡ります
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-27 09:57

男鹿和雄展へ 

 アニメーション美術監督・挿絵画家の、
男鹿 和雄さんの美術展に行ってきました。
(万代美術館、ホテル日航ビル5階)
平面なのに立体的に見え
繊細な色使い、優しくて光と影が丁寧に

瑞々しく 今にも飛び出してきそうな絵に
感動しました。
 出口付近に記念写真用のパネルがありました
「となりのトトロ」の映画に出てくる
和洋折衷の家屋の美術ボードがあり
   写真に収めました
a0122847_23274299.jpg

おおきなボードでしたよ
  この絵、よくみると草や木が
風でゆれているようですし、空の雲も
ゆっくりと、動いているように見えませんか?
やしの木の影も素晴らしいですよね。

 11月29日まで、あと4日とわずかですが、
平日でもかなりの入場者の方がいらっしゃいました
きっと最終日は、かなり混雑すると思います
普段は6時が閉館時間ですが、金曜日は
8時まで観られるそうです。
きっと作品を観賞された老若男女みな
清々しくなることと思います

 もうご覧になった方は
 また何度でも行きたい
 あるいは、2度以上お出かけになった方も
いらっしゃるかもしれませんね
a0122847_1321697.jpg

息子がどうしてもほしいと、本を1冊
 私は一筆箋を、明日の活力のために
記念のお土産を購入しました

松屋フロントに入場割引パンフレットが用意してあります。


 男鹿 和雄展  
 新潟の次は、神戸に行くそうです
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-25 23:39

七福神

ご存じ  福の神の集団
七福神は 福をもたらすといわれ
広く親しまれております

新潟駅前に、弁天通商店街があります。
今月七福神像が誕生したのです
  (11月6日除幕式)
この通り100店舗のうち約8割が飲食店がしめております
a0122847_10551395.jpg

(商売繁盛を願い
宝船に乗った七福神の像と一緒にパチリ)
a0122847_1043444.jpg


弁天通り商店街は、毎月第3月曜日を七福デーと称して割引のサービスがあるそうです。
a0122847_10554247.jpg

七福神を眺めながら
拝みながら
  しあわせな気分に浸ってみてはいかかでしょうか?
a0122847_10565925.jpg

笠地蔵の物語を思い出させてくれるあったかそうな
マフラー  どなたでしょうね♥(*^。^*)
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-24 10:58

 「愛」の文字を兜の前立てとして
戦国の世から、江戸安泰の時代へと
駆け抜けた武将、直江兼継を主人公とした天地人の
小説をモデルとした、NHK大河ドラマも最終回。

いい夫婦の日でした
今年のパートナー・オブ・ザ・イヤーは
鈴木おさむさん、大島美幸夫妻です。
また、鳩山夫妻なども、アンケートでは、上位にランクされておりました。
  鳩山さんは、「友愛」
川柳では
「喧嘩した それでも風呂は 沸いている」
がグランプリでした。
 長年連れ添っていると「愛」を感じるのは、
あったかいお風呂  ということなのでしょうか?
それとも、喧嘩してもお風呂はちゃんと沸かしてくれて
ありがたや・・・ということなのでしょうか?
 
3日連休の中日いかがお過ごしでしたか?

今年は、「愛」をどのくらい
 投げたり受けたりキャッチボールできましたか?

来年の大河ドラマは、福山雅治さんが主役です
 福山さんの「最愛」いい歌です
  ♪夢のような人だから
夢のように消えるのです

その定めを知りながら
捲られてきた季節のページ

落ちては溶ける粉雪みたい
止まらない想い

愛さなくていいから
遠くで見守ってて
強がってるんだよ
でも繋がってたいんだよ
あなたが まだ好きだから

もっと泣けばよかった
もっと笑えばよかった
バカだなって言ってよ
気にするなって言ってよ
あなたに ただ逢いたくて

初めてでした これまでの日々
間違ってないと思えたこと

陽だまりみたいな その笑顔
生きる道を照らしてくれました

心の雨に傘をくれたのは
あなたひとりだった・・・

愛せなくていいから
ここから見守ってる
強がってるんだよ
でも繋がってたいんだよ
あなたが まだ好きだから

おなじ月の下で
おなじ涙流した
ダメなんだよって
離れたくないって
ただひとこと ただ言えなくて

いつか生命の旅
終わるその時も
祈るでしょう
  ・
  ・ 
  ・
a0122847_10171539.jpg


生命をつなぐため、木々が今年最後の
力を出し きれいな色や実をつけ
冬にそれを落とし
来春につなげている姿は
いつ見ても美しいですね

  
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-23 10:32

ふるさとは 語ることなし 坂口安吾

 本日、約50年前の小学生の
頃の同級会が松屋を会場として
ご利用くださいました。(今は廃校となりました)

東映の創始者、大川博さんや 第三十六代横綱羽黒山
など歴史に名を残す偉大な人の出身校の方々です。   

 何時間でも、会話がとぎれることなく、和気あいあいと
時々私も、その楽しい会話に参加させていただき、
笑いをたくさん いただきました

坂口安吾の句 
『ふるさとは 語ることなし』
そんな言葉がぴったり合う ひとときでした
坂口安吾は
歌人、美術史家、書家 そして新潟市名誉市民
作家として親しまれております。

本日11月21日安吾の忌日にあたります

ちょっとひとことつけくわえますと・・・・
その安吾が、岩室を
新潟美人発祥の地 といったとか
 よし★これでまた 岩室を探検するのに
楽しくなりそうですね
a0122847_0534121.jpg

  
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-21 23:59

落ち葉の季節 国上山

南北に細長いティラノサウルスに似た形の新潟県。
日本海にもっこりと突き出している部分が、
  県内の方でしたらおなじみ
越後の霊峰 弥彦山(標高634M)です。 
  県外の方でしたら
越後平野を走っていると、必ず目にとまる山です
a0122847_2237410.jpg

弥彦山から、左に目を移すと、山頂がまるくて こんもりしている山が
国上山・くがみやま・(標高313M)です。
a0122847_22435727.jpg

この、国上山に五合庵があります。
五合庵は、良寛さまが約20年間住んでいられた庵として、
良寛さまを偲び、訪ねられる方が多いところです。
 その五合庵の庭に句碑があります
『たくほどは かぜがもてくるおちばかな』
  ちょうど 今頃 うたったのでしょうか

良寛さまめぐりも
  ゆったりとおだやかな気持ちになることとおもいます。
    
 白鳥と、日本海の荒波にもまれたお魚と、お酒のセットで
寒くっても新潟へ、おなかも心も満ちた旅
  思い出作りにぜひ、お越しくださいませ

  
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-20 23:08

ノンアルコール

夜 ひと段落して、
妹のところに、用を足しに行きました。
妹は いつの頃からか、
  居酒屋通になり、私は妹を勝手に
居酒屋の帝王と呼んでいるのですが、
  今、県央地区(燕三条駅周辺を県央と呼んでいます)が激戦区でおもしろいよ、ということで、
連れて行ってもらいました

 やはり、平日にもかかわらず、結構ひとが出ていました。
ビジネスマンがほとんどでしたが、、、、、

  私は、運転がありますので、ウーロン茶にしました

実は、今年ヒット商品NO2位になったキリンフリーを注文したのですが、
かわいい店員さんにキラキラあふれる笑顔で「申し訳ありませんが本日お品切れになりました」と言われその笑顔につられ、わたしもにっこりと「じゃぁ ほっとウーロン茶」と言いました

やはり、笑顔って大事だなぁぁ と思いつつも
 一人笑顔の練習をしていると、
妹に 頭がおかしくなったとおもわれるので
即、メニューに目を移して ちょっと写真をとりました
a0122847_6144056.jpg

a0122847_6153084.jpg

居酒屋で飲めなかったノンアルコールビール
松屋の冷蔵庫にあるのを、撮りました。
もうひとつ、今日の紅葉も一段と赤い色がきれいでしたので、写真におさめました 
 昨日とちょっと違うようなきがしますが
a0122847_620303.jpg
a0122847_6204564.jpg

違いがわかる女ウ~ん マンダム
あっっ   このキャッチコピーは
   マンダムではなく、ゴールドブレンドでした
  <(_ _)>
  コーヒー 一緒に 飲みませんか??
  (*^。^*)
 
  
 
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-19 06:10

日本三大銘菓

 本日、日本三大銘菓のひとつに数えられている 鶏卵素麺をいただきました。
a0122847_23251329.jpg

こんなに、お上品なお箱に、ありがとうございました。
 甘くて、しっとりとしておりました。
a0122847_232713.jpg

懐かしい甘みです。
 江戸時代からの 
   由緒あるお店ですね。
a0122847_23275067.jpg

同じ屋号に 感激しました。
伝統を 長く守る  ということは
 大変なことだと思います。
江戸から続く店
  長く みな様に 愛されて頂くよう
   お客様を 大切に
      大切にしなければ・・・
長く 商売をさせていただくということは、 ありがたいことでございます。

ご先祖様が 植えた紅葉も 、雪の季節にそなえて
葉が落ちる前にありったけの美しい色で 今 見る人を癒してくれています。
雨がより一層 もみじの赤を鮮やかに見せています
a0122847_23332847.jpg

江戸時代より続くこの店も
 今後とも皆様、どうかよろしく
  お願い いたしまする
(なぜに、江戸武者のような言葉に)
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-17 23:37