親鸞上人越後七不思議の次・八珍柿

a0122847_2345420.jpg


11月28日 親鸞上人90歳で大往生された日です。
親鸞上人は越後にお流されになり、
そこで越後七不思議を残されました。
その七不思議の次に、不思議なほど
おいしいもの  ということで
  八珍柿が親しまれております。
   今は
越王(こしわ)おけさ柿 として
角田山麓に、柿団地があり
生産されております。

 朝食のデザートには、手造りシフォンケーキに
この柿やカスピ海ヨーグルトなどトッピングして、
お召し上がりいただいております。
 柿はシャーベット状ですので、
シフォンのやわらかさと、柿シャーベットの
冷たさが、食後にはサッパリとしていて うけているようです。

 柿はビタミンCがレモンより多く含まれています。
また女性にはうれしいポリフェノールも沢山ふくまれております。

柿が赤くなると医者いらず・・・なんて言葉がありますが、栄養価はバツグンです。

(*^_^*)
[PR]
by matsuya12 | 2009-11-28 23:04


<< うまさぎっしり イトヨになった娘 >>